麻雀で使う専門用語の解説と能書きのあれこれ。フリー雀荘で使われる言葉を中心に、初心者は覚える必要のない多くの用語を集めて解説しています。麻雀打ちのための用語集「わ」ではじまる麻雀用語

「わ」ではじまる麻雀用語

この頁には、16 項目ある

わき【脇】 ゲームの進行

「脇が場を乱すな。脇はおとなしくケンしてろ。」

トップ争いに参戦していない人。

転じて、三者でドベ争いが行われている際のダントツ状態の奴を指すとウけることがある。

わぎりちんぽ【輪切りチンポ】 グッズの呼称

(とめさん、情報ありがとネ)
≡ チンポの輪切り

一筒のこと。

輪切りだったら何でも良さそうなものだけど何故、よりによって、それなんだろう。キュウリの輪切りでも電線の輪切りでもなく、それの輪切りと言うからにはよほど似ているのか?……まさか。

わだち【轍】 グッズの呼称

(Shinjiさん、情報ありがとネ)

四索のこと。

だから、「わだち」だっつーの。国語辞典で調べておくれ。

わたり【渡り】 戦術戦略理論

「渡りを打つ」

向聴数を維持したまま、別の牌姿に変化させる打ち方。
通常は、聴牌状態のまま高得点になる変化や、危険牌を使い切る変化の際に言われる。

わっぱ【ワッパ/手錠】 グッズの呼称

(ko-さん、情報ありがとネ)
競輪
眼鏡

二筒のこと。

手錠の形から。

われめ【割れ目/ワレ目】 基本的な用語

元々は開門位置のこと。サイコロの出目によって決まるのが通常。
割れ目に相当する人の点数の授受が倍になる、というのがいわゆる「割れ目ルール」。

初体験はバブリーな時代に某証券会社の営業マンが身内だけで行ってた「証券ルール」に面子調整のために呼ばれた時だった。
アタキが常連メンバーになって少し経って、「社外の人間は呼ぶな」という部長命令が発っせられてしまった。東風戦で、喰い一盃口やアリスがあって、ああ、本当にごちそうさまでした。

わんかけ【ワン欠け】 雀荘システム

ツー欠け

四人の内の一人が抜ける状態。

わんさん【ワンさん/王さん】 諺や言い回し

「ワンさん、強し」
(小車さん、情報ありがとネ)
王牌

王牌のこと。
有効な牌が王牌に眠っている時などに、「ワンさんが持っている」のように使う。

わんず【萬子】 基本的な用語

次の中から選びなさい。
  A:字牌でもないのに文字が書かれている牌。
  B:英語で「王さん所有の」という意味の言葉。
  C:1967年「思い出の渚」でデビューしたバンドの愛称。
  D:歌謡曲の魂を持ったロック野郎。
とっくに解散したんだろうと思ってたら2000年まで頑張ってたらしい。南無~っ。

わんちゃん【ワンチャン】 戦術戦略理論

≡ ワンチャンス

ワンチャンスの省略形。

わんちゃんす【ワンチャンス】 戦術戦略理論

ある牌四枚の内、三枚の在り処が知れている状況。

わんちゃんすはよくあたる【ワンチャンスはよくあたる】 諺や言い回し

そのままの意味。

確かに、よく当たる。

わんぱい【王牌】 基本的な用語

王様のために必ず残さなくちゃいけない十四枚の牌。

こんなの一体、何のためにあるんだ、なんて意見は実際によく聞くし、無くったって麻雀の面白さが変わるわけでもない。
だけどこんな意味不明の規則(儀式?)があるおかげで、色んなドラマが生まれたりもする。

わんはいり【ワン入り】 雀荘システム

ツー入り

クラブのメンバー(お店の人)が一人、フリー卓に入ること。
「わんいり」と言う場合もある。

ツー入りどころか、スリー入りなんて状況もなくはない。
嫌がる客も多いけど、アタキは大好き。

わんわんこーなー【ワンワンコーナー】 人物/その他

こんな麻雀用語はありません。

ワンワンコーナーで使える言葉はたくさんある。
有名なとこではアリアリ/ナシナシ/ニコニコ/サクサク、トントン/ナンナン/シャッシャー(ダブ西)/ペッペー(ダブ北)。
続けてみよう(笑)。シロシロ(白ポッチ)/リーリー(ダブルリーチ)/チョンチョン/ロンロン(ダブロン)/カンカン(嶺上牌による槓)/ピンピン(デカピンレート)/チートイチートイ(四枚使いの七対子)/ヤクヤク(役牌二つ、もしくは二飜の役牌)/モチモチ(対死)/ドラドラ/オモオモ/ウラウラ/バンバン(場ゾロ)/デンデン(場ゾロ関西風味)……。