雀のお宿の製作環境や管理人のつぶやき、更新履歴や FAQ など。更新履歴・サイトマップ・サイト内検索機能も。

・麻雀打ちの頁/雀のお宿 TOP > ・[百貫]管理人のポツリ/製作環境・FAQ

[百貫]管理人のポツリ/製作環境・FAQ

百貫は管理人のハンドルネームです

ポツリ

【2016.10.30】

昨晩のRTDマンスリーリーグ準決勝最終節、良かった!
闘牌はもちろん、展開も面白くて、やっぱ、最後の村上の涙、…、…。
なんか、麻雀って、やっぱ、凄いよ!

【2016.10.03】

数時間前に今年のノーベル生理学・医学賞が発表された。
受賞した大隅良典博士は、昨年亡くなった麻雀研究家・浅見了氏と同じ年齢だ。
浅見さんのことはいずれきちんとまとめなきゃ、と思っているが、大隅博士のことはたぶん、今日しか書くタイミングはない(笑)。
アタキと同郷の福岡市出身で、高校時代に所属していた化学部についてのエピソードがウェブにあげられている。
その高校はアタキの出身校でもあって、そういえば化学部の連中は、そんな雰囲気だったかなぁと懐かしく思い出した。
で、博士の出身中学も小学校もアタキと同じであることが、さっき、判った(!)。
世代的にはアタキよりも、アタキの父親に近いので「知っているか」と聞いたら、何かモヤモヤした答えしか返ってこない。
いやはや、地元のヒーローの誕生だ。
だから、何だ、というわけでもなく、この話題はこれ以上、何もない。すまん。

うん、シンゴジラ君の名はも面白く観た。
でも、何か月も前から期待していたキューティーハニーが、ヒドい映画だったので、今、とても悲しい。
西内まりやは好きな女優さんなのに、あまりの残念な結果。
明日の「RTDマンスリーリーグ」準決勝三日目を楽しみにしよう。

【2016.09.26】

いやぁ、「麻雀プロ団体日本一決定戦」は本当に面白かった。
この大会の主旨やその背景みたいのものを語ってくれた藤田晋のコメントに、感動した。
心から麻雀を愛しているからこそ、の言葉だ。
たぶん、この大会の意味や、未来への問いかけとも言えるいくつかの課題を真面目に考えてくれる人々が藤田晋以外にも何人か出てくるとイイのになぁと思う。

ニコニコ動画とかをほとんど見ないアタキにとって、各団体の選抜8名全員の名前を知っているのはプロ連盟だけだった。
個人的には、鈴木たろう・鈴木達也・石橋伸洋・佐々木寿人の4人を楽しみにしていたのだが、放送卓が少なかったのが残念。

お祭り感覚だなんて言ったけど、最終日にもなると、なんか悲壮感が漂っていて、それもまた良し。
白鳥や内川の涙もまた良し。
個人競技であるはずの麻雀が、団体戦というカタチだと、また違った面白さを味わえる、なんてことも知れた。
本当に、良し、良し、良し、だ。

【2016.08.12】

昨日の「麻雀プロ団体日本一決定戦」、面白かった!
団体戦というのも味わい深いし、小林剛の解説もスゴく良かった。
同じ Abema TV でやってる「RTDマンスリーリーグ」と比べると、一部に不満足な打牌もあったけど、それも含めて、お祭り感覚が楽しい。
個人的には、鈴木たろうの結果に残念だったものも、次回に登場予定の鈴木達也に期待。
明日の「RTDマンスリーリーグ」も楽しみだし、二週間後の続編も楽しみで、あぁ、実際に囲むだけじゃなく、こんなに楽しい思いを味わせてくれて、藤田晋には大感謝、だ!

【2016.05.29】

テンゴだけど、ヨンマで、8連勝した。
4麻で5連勝以上したのは久しぶり。
福岡市天神の点5フリー雀荘「雀四郎」で、5月28日に8連勝した太った客の正体は、アタキです。

【2016.04.17】

久しぶりにアクセス解析のぞいたら、お宿へのアクセスの80%が、スマホかタブレットからだった。
今どき、アタキみたいに、パソコンでしかネット見ないのは希少ってか。

年くったオヤジが10代の女の子に熱を上げる気持ちが、なんか、気持ち悪かった。
周りにたくさんいる、そんな奴らの気持ちが全然判らないわけじゃないけど、それって、おおっぴらにするもんじゃないというか、なんか恥ずかしいことのような、そんな感じだった。
今のアタキのアイドルは、SU-METAL、デスッ!

ゴールデンウイークから、旅打ちの予定、DEATH!
鹿児島、宮崎、熊本を廻る予定、DEATH!
ブーマンの現在を探す旅にするつもり、DEATH!

【2016.01.05】

發春のお慶びを…。

さすが、正月は皆ヒマらしい。
三が日は毎日 1000 人以上がお宿を訪れていた。
だけどこの『百貫』ページをチラとでも見たのは、合計で 20 人。
何も書いてなくて、すまん。

中洲でスナックを経営していた知り合いが、暮れに店を閉めた。
経営状態はメチャ好調だったのに、別の仕事を始めるらしい。
んで、その女社長の母上様がお宿を知っていた。
孫の成長を見守ることと、スカパーの麻雀番組を観ることだけが楽しみだと公言する 70 歳に近い彼女から挑戦状を叩きつけられた(笑)。
緊張感が走る。まだ、対戦はしていない。

今年もヨロシク。