雀のお宿の製作環境や管理人のつぶやき、更新履歴や FAQ など。更新履歴・サイトマップ・サイト内検索機能も。

・麻雀打ちの頁/雀のお宿 TOP > ・[百貫]管理人のポツリ/製作環境・FAQ

[百貫]管理人のポツリ/製作環境・FAQ

百貫は管理人のハンドルネームです

ポツリ

【2017.08.08】

こんなに長い間、モニタを通じて他人の闘牌シーンを見続けたことはなかった。
昨日、RTDリーグの予選が終わって、ああこれで一息付けるかなと思っていたら、スグに準決勝が始まるそうで、アタキの健康的な生活もまだまだ続きそうだ。
鈴木達也や藤田晋のオシが見れなくなるのは寂しいが、今年の準決勝は昨年以上にアタキの好きなプロ雀士がいっぱい出てて嬉しい。
いや、みんな好きなのだが特に好きな、という感じ。
鈴木たろうや小林剛の麻雀なんて真似しようとは思わないが、観戦してて、とても楽しい。ワクワクする。ハラハラする。
佐々木寿人みたいに打てたらカッコイイだろうなぁと憧れてしまう。
今年から参戦した平賀と猿川の麻雀は、特にお気に入りで、アタキはもっともっと猿川の麻雀が見たくて、Black の予選最後の方はずっと猿川を応援しながら見てて、ツモレー!、多井つかめー!、何度も声に出していた。
何の関係もないのに勝手に応援して、勝手に感激したり、勝手にがっかりしたり、うん、これはまさしく、アタキがファンとして猿川プロを認識している証しである。
白鳥も勝俣も村上も、みんな、がんばれ!

【2017.05.04】

なんかもう、ゴールデンウイークかよ…。

言われた「雀のお宿ってオワコン」。
オワコンって言い方そのものが、終わってると…。

今年のRTDマンスリーリーグが全半荘放送でいっぱい楽しめてて、毎週月曜日と木曜日は、夜、出歩けない。
健康的な生活が続いている。

「流局した後に、裏ドラをめくること」について質問された。
大、大、大好きな鈴木達也プロが所属している日本プロ麻雀協会が正式に採用している作法(?ルール?)なので、あまり悪くは言いたくないのだが、はっきりいって「クソ」です。
いや、クソは言い過ぎ。ごめんなさい。はっきり言って「間違った作法」です。
マナーがどうこうという以前に、それはイケナイコトのようにアタキは考えています。
たぶん「このリーチ、和了れなかったけど、裏ドラは何だったのかなぁ」という誰もが一度は思ったことがあることへの、もしかすると観戦者・視聴者へのサービスのつもりで始まったことかもしれません。
そもそも、麻雀の対局中に知らされることのなかった情報を開示することがダメなことなのだけれど、このことは議論するとヤヤこしくなるので、まぁそれは置いといて。
なんで、裏ドラだけ、めくるんだよ!
それもリーチ者がいない時にもめくるって意味不明!
アタキが良く思うのは、「あの時、槓するかどうか迷ったけど、嶺上牌は何だったのかなぁ?」や「槓ドラは何だったのか?」なわけで、じゃ、流局した後に、嶺上牌や槓ドラも公開すればイイジャン!ってか!
そんなの、メンドくさい。
終いには、ノー聴で手牌を伏せた対局者の手牌も公開しろ、ってな話につながるんじゃないか。
裏ドラ以外の王牌12枚も公開しなけりゃならなくなるんじゃないか。
いやいや、それは和了りの点数とは関係ないでしょ、ってか。
おうおう、ならば嶺上牌や槓ドラの件はどうなのよ。 誰かが槓したら、俺も槓するつもりだったなんて奴の気持ちも考慮して、二枚目の嶺上牌も公開することになるんじゃないか。
上の論理は、いろんなことを公開しなければならなくなることへの危惧を掲げたが、やっぱ一番の問題は、麻雀というゲームの本質(=不完全な形でしか情報が公開されない)を否定するような行為のように思えてきて、アタキ自身が「気持ち悪い」ということです。
でも、いずれ、協会もこんなことはやめてくれる、とアタキは信じています。
だって、麻雀をちゃんと考えている人がたくさん所属している筈だから…。

アタキは鈴木達也の麻雀を観戦するのを趣味の一つとしている。
アタキ世代の麻雀好きにはとても人気がある。
他に好きなプロは何人もいるし、中には解説が好きだというプロもいる。
残念なことに、見たくない人もいて、その解説も嫌いというのもいる。
麻雀と真摯に向き合った人生を送っているに対しては、ほぼ無条件に愛を感じてしまうアタキなので、「なぜ、この人のことを嫌いなんだろう?」と不思議な気持ち。
嫌いなことを考えるなんて時間の無駄なのだけど、この疑問はいずれ解明したい。
↑ホントか?

今さらだけど、今年もヨロシク。