三人麻雀(三人打ち、三打ち)、サンマルールのあれこれ。中でも代表的な東天紅ルール・アリアリ・ナシナシ・二翻縛り規則を詳細に説明。北抜き・一索多数等の特殊なオプションも網羅。

・麻雀打ちの頁/雀のお宿 TOP > ・[雑録]規則・マナー/いろんなデータ > ・サンマのあれこれ(三人麻雀、三麻、三人打ち)

[雑録]サンマのあれこれ(三人麻雀、三麻、三人打ち)

マージャンは本来、三人で囲むものです…(って、sammaniax の受け売り)

サンマ(三麻)のルールの色々について考えてみることにした。

ったって、既に Sammaniax で充分に考察/紹介済みだった内容をアタキ的に焼き直すだけの話。
しかし、世の中にはこうした情報を欲している人々もまだまだいるもんだから、彼らのリクエストに応えてのこのページのアップと相成ったが、疑問/質問/批判/批難は(ほぼ)全面的に受け入れる覚悟はある。
さて、どんな結論にすべーか、ってまだ、コンテンツはできてない(笑)。

共通事項

サンマのバリエーションは、四人麻雀よりも豊富ではあるが、どのルールについても共通の部分則がある。

一局の戦いは三人で行う

配牌から終局までの1ゲームは、常に三人で戦う。
たとえ、面子が四人でも(後述)、闘牌は三人の間で行う。

四人でやる場合には抜け番が一人いる

言い換えると「サンマは四人でもやれる」ということだが、サンマの打ち手の多くは「三人でやるよりも四人でやるサンマの方が好きだ/面白い」と思っている。
半荘制サンマの場合には親の上家(北家)に相当する打ち手が抜け番となり、一局制サンマ(東天紅ルール、後述)の場合には前局の放銃者もしくは親の上家に相当する打ち手が抜け番となる。
抜け番の人間は、トイレにいったり、メシを喰ったり、親の手牌を眺めているだけで、ゲームには参加しない。 たまに、新聞やコミックを拡げたり、仕事の電話をしたり、ロトくじをチェックしたりする奴がいるが、これらは明らかなマナー違反である。

萬子の2~8までの牌は使用しない

四人麻雀であれば34種136枚の牌を使うが、サンマでは 萬子は一萬九萬しか使わない。 つまり、27種108枚なわけだ。
まれに伍萬を追加したり、一索を8枚入れたりして、112枚で行うルールもある。

北は抜きドラで役満の時しか使えない

原則として北は、手牌の中では使えない。
配牌で北があったり、 途中で北をツモってきた場合には、自分の右側に出して(これが抜く、という意味)、その代わりの牌を嶺上から持ってくる。 二枚でも三枚でも一度に抜くことができ、この抜きドラの枚数は、和了った際にドラとして1枚につき1飜増しとして計上する。
ただし、役満の場合のみ(詳細は後述)北を手中で利用できる。 他人が抜いた北でロンすることもできる。
また、北を河に捨てることができるルールとそうでないルールとがある。

役満でなくとも通常どおり使えるルールの場合には、ドラの一飜とは数えないのが主流だ。

チイはできない

ポンやカンは通常通りできるが、チイはできない。

サイコロは1個しか使わない

2個も使って、「12」なんて出ると開門位置が見つからない(牌山が通常より短いから)。
1個で「1」が出ると、親は自分の山を1幢残して、配牌を取り始める。

ドラ表示牌のめくり位置が通常より2幢手前

四人打ちだと嶺上牌の2つ隣をドラ表示牌として、開局時にめくるが、サンマの場合には4つ隣(端から5幢目)をめくる。
抜きドラが何枚あろうと、カンが何回起ころうと、王牌は通常通り14枚残すのが主流。

大分類-半荘制と一局制

サンマルールを大別すると「半荘制サンマ」と「一局制サンマ」とがある。

半荘制サンマは、通常の四人打ちと同様に東場と南場があり、東場と南場それぞれに親を全員が一回ずつ経験する(ただし、ドボンが無ければ)というルール。
点数の授受も、ほぼ四人打ちと同じように行う。

一局制サンマは、前回の和了者が親になり、場は常に東場で、次に誰かが和了るとその者が親になるというルール。
この場合、半荘の単位はないので、いつまでも延々とゲームを続けることができる。
点数体系は特殊で、和了役の本数でやり取りがされる。

ゲームの進行得点の授受 自摸和の損和了規制ルールの呼称
半荘制サンマ 点数ツモ損アリアリアリアリサンマ
損得無しナシナシナシナシサンマA
ツモ損ナシナシナシナシサンマB
ツモ損二飜縛りリャンシバサンマ
一局制サンマ本数ツモ倍アリアリ東天紅サンマ

上の表をさらに細かく分類することも可能だが、まぁざっとこんなもんだ。

「自摸和の損」の項目については、「損得無し」の場合はロンでもツモでも同じ得点という意味(詳細は後述)。
「ツモ損」とは、例えば8000点の自摸和了の場合に親から4000点、子から2000点の合計6000点しかもらえない。
「ツモ倍」とは、出和了り20本の手で、自摸なら二人から同様に20本づつ(合計40本)得るというもの。

各ルールの詳細

アリアリサンマ

普通のアリアリ麻雀を三人でやる、というもの。
和了った時に、一飜あれば良い、という極めてオーソドックスなルールなのでとても簡単。

ナシナシサンマA

このサンマの特徴は、自摸和了りした時の点数の授受が特殊な点。
詳細は「ツモ減りしないサンマの自摸得点表」を参照のこと。
清算を1000点単位で行う場合には、端数はすべて切り上げる。

ナシナシサンマB

ナシナシルールの麻雀を三人でやる。
配給原点を極端に少なくして、スグにドボンが起きやすい状況のルールがある。

リャンシバサンマ

常に、二飜以上の手でないと和了れない、というルール。

平和や役牌だけでは和了ることができないので、リーチをかけないといけない。
通常は何の役がなくともリーチをかけるだけで、和了る権利を有するが、このルールではリーチの一飜だけでは和了ることができないので、手牌をうまく工夫して何らかの役を付けなければいけないわけで、ここのところが、このルールの妙だ。

東天紅サンマ

和了りを「1本」「2本」と数える特殊なルール。
抜きドラを「ガリ」と称し、北だけでなく、一萬九萬、さらには伍萬までもガリとする。
五索五筒は、常にドラ扱いで、一般ドラも二枚使うのが主流。

場ゾロは2本、一本場は1本、親も1本、役満40本、ノーガリ20本(ガリが1枚も無い状態での和了り)、明槓3本、暗槓5本、ガリのセットが4本(ガリのある種類を4枚とも揃えた場合)、ノー聴20本、みたいな感じ。

東天紅サンマの和了役と得点
役名得点食い下がり
門前清摸和1本-
立直1本-
翻牌1本(同)
平和1本-
断ヤオ3本1本
一盃口3本1本
嶺上開花1本(同)
搶槓1本(同)
海底摸月1本(同)
河底撈魚1本(同)
混老頭3本(同)
ダブリー2本-
チャンタ5本3本
一気通貫3本1本
二盃口10本5本
一色三順10本5本
三暗刻3本(同)
三槓子3本(同)
小三元10本(同)
対々和2本(同)
七対子3本-
混一色5本3本
純全帯ヤオ10本5本
清一色10本5本
人和40本-
ヤオ九振切40本(無関係)
天和40本-
地和40本-
四暗刻40本-
大三元40本(同)
国士無双40本-
緑一色40本(同)
字一色40本(同)
小四喜40本(同)
大四喜40本(同)
清老頭40本(同)
九蓮宝燈40本-
大車輪40本-

上の表は代表的な一つの例に過ぎない。

さまざまなオプション

サンマのバリエーションは、オプションの特殊性にある。
代表的なオプションのいくつかを列挙してみる。

原点が30000点じゃない

半荘制サンマの場合、原点が30000点でなく、配給30000点で、原点35000点という場合がある。
四人打ちよりも大きな手が出来やすいので(個人的な感覚では、倍満の出現頻度は四人打ちの3~4倍)、スグにはドボンしないようにとの配慮からだ。
35000点持ちスタートの40000点返し、という場合もある。
逆に(ドボンを頻発させることを目的として)、20000点持ちスタートという悪逆非道なルールも存在する。

七対子が一飜

七対子は通常50符一飜(25符二飜)だが、その出来易さから、30符一飜に設定している場合がある。
リャンシバサンマで、一飜に設定してあると、七対子といえどもリーチが必要なので、守備には向かないということになる。

チャンタ系が一飜増し

チイができないため、チャンタは四人麻雀よりも出来にくい。
そのため、チャンタ/純チャンは、一般規則よりも一飜増しにしている場合がある。

点棒の最小単位が1000点

1000点未満のやり取りを省略して、すべて1000点単位に切り上げる場合がある。
この際、ナシナシサンマAにおける点棒のやり取りは、以下の表の通りとなる。

散家の自摸和 荘家の自摸和
散家の支払い 荘家の支払い 散家の支払い
三飜30符 100010001000
40符 100010001000
50符 100010002000
四飜30符 100010002000
40符 100020002000
50符 200020003000
五飜30符 200020003000
40符 200040004000
50符 300040005000
満 貫 300050006000

本場が出和了りでも自摸和了りでも1000点増し

本場の計算を場の点数でなく、一本につき、1000点増しでやり取りする場合がある。
例えば3本場で出和了りなら3000点のプラス収入だが、自摸和了りなら二人から貰えるので、計6000点のプラス収入。

五筒を常にドラと考える

主に関西方面では、五筒は(赤でなく通常でも)、常にドラとして一飜増しとすることがある。
この時、一般ドラも五筒なら、1枚で二飜増しとなる。

その他

他にも、ワレメ/ビンタ/オープンリーチを採用する場合がある。

上に掲げた程はメジャーでないが、字牌を一切使用せずに、リーチをかけないと和了れないルールや、牌は全種類を使うが1種類4枚でなく3枚しか使わないルールなど、色々とある。