麻雀打ちの頁/雀のお宿

管理人百貫雀の過去のつぶやきです。早くツモ切ってください。1998 年。

広告

過去のポツリ 1998 年

つぶやきログ

【1998.11.03】

う~ん、麻雀だけに話を絞ったら、なんかスッゲーすっきりしたHPになったような気がするのはアタキだけでしょうか、って一体誰にモノ言ってんだか自分でもワケワカラン。
顔写真 コラム(放言)のネタは、まだまだいっぱいあるんだけど、そこはそれ、今までと違って『公開』ってなことになると、色々手を加えなきゃイケナイ部分もあって、少~しずつ、小出しにする予定だけど、これはもしかすると、いつまで経っても予定のまんまかもしれない、このイイカゲンさは何も変わってないので心配はイランよ。
ロック関連の罵詈雑言や、創作手品のネタばらしは、ここでは一切しないし、別の場所でも当分の間しないつもりなので、暗い夜道もこれからボディガード無しでも歩けるだろうし、変態メールともオサラバだと思うと、人生そんなに悪いものじゃない、って思えてくるのは気のせいかもしれないけど、もう、しばらくは、この幸せを味合わせておくれ~。
リンク集が無いのは、麻雀に限定したせいで、[sammaniax]のリンク集以上のものは必要ないからだよぉ。
各ページの左下に思わせぶりに書いてある曲名は、ページの内容とは何の関係もないし、そこをクリックしても何も起きないのは、近い将来、変更の予定はないけど、遠い将来にも変更するつもりはないよ~ん。

【1998.12.12】

う~ん、元々役満は人よりもたくさん和了る方だけど、最近またラッシュが襲ってきたようでかなり嬉しい。 まず対子系のゴツゴツした手が好きで(笑)、それに七種からでも国士に行くから狙う局面が多いというただそれだけのことかもしれねぇな。
たった一回しか手合わせしてないのに、アタキの事を『チャンタ系の人間』と評してくれた人がいたが、そいつは名古屋に住む『なーだ』という人物だったが、また博多に遊びに来ないかなぁ。 今度は思いっきり一緒に囲みたいけどなぁ。
去年は九連宝灯を四年ぶりに和了れたんで、今年は緑一色をと思ってたんだけど思ったって仕方ないか。 もう今年も残り僅かなんで清老頭でもヨシとしよう。
ところでアタキのDT環境は、15インチのモニタなので640×480で横スクロールせんでもイイように各ページを作ってるんだけど、これを事務所(表稼業の会社)の20インチで参照するとなんだか間延びしてるような感じで、なんとかしたいんだけどやっぱメンドーなので、何もしない。
マックで作られたHPは縦に長くて、窓で作られたのは横に長いような気がするけど、どうなんだろ。
というわけで、何がどういうわけだかワカランけれど、このHPも何とかカタチになってきたわけで、嬉しいメールを貰ったのでその紹介コーナーです。
って、いつからこんなコーナーができたんだ~! ...気にセン、気にセン。
素敵」三鷹のボス
 ・あ~、この人も同じような道筋を歩いてきたんだなって感じです(笑)
 ・HPの隅から隅まで、その一言一言が自分から出ているような錯覚するくらい。
だははは、こんな風に言われるとメチャ嬉しいのだった。
三鷹のボスの他にも、香椎のレイさん/八丁堀のヤスさん/so-netのMIMIさんからメールを頂きました。
本当にありがと!

【1998.12.24】

この前「清老頭でも」なんて言ったんで、自分でも意識的に狙ってみてるんだけど、こいつぁ、かなり大変だ。アタリマエか。
えーい、もし清老頭が和了れなかった場合の今年のノルマは国士無双をもう五回(言い過ぎか?)ということにしておこう。 ピンの雀荘でしか狙えんな、こりゃ。
と言うのはヤメだ。後2回でヨシとしよう。
今年も残り僅かとなったわけで、みんなあわただしくしてて、アタキみたいなボーナスとは縁の無い人間にとってもなんとかそのオコボレみたいな物に預かりたいわけで、さあ、みんな、フリー雀荘へ行こう!
というわけで、はい、今回限りの企画『安心して遊べるフリー雀荘紹介』コーナーです。
このコーナー、第一回目にして最終回の今回、ご紹介するのは『雀港』福岡店です。
小島武夫の店『雀港』は全国チェーンで、もうすぐ16店鋪になる予定です。 福岡店は博多駅の筑紫口から歩いて一分の距離にあるので電話して場所を聞けばいいでしょう。 電話番号は[(092)481-4181]。やさしく教えてくれます。駐車場もあります。 「百貫さんに聞いた」と言えば、何かイイ事があるかもしれませんし、ないかもしれません。
アリアリ、ピンのワン・スリー、赤は三枚あって鳴いても一枚に付き五百円、一発も五百円、ドボンで半荘終了、箱下は計算しません。
マナーは上の部類に入るクラブなので、フリー初体験の君でも大丈夫、三万円くらい持っていけばいいかな。 二万円以上負けたら、その日はつかなかったと思って、また出直しましょう。
ゲーム代は半荘六百円なので、平均すると五千円で五時間くらい遊べることになるかな。 ねっ、カラオケやボーリングとそんなに変わらない。アルコール以外の飲み物はロハなので本当に安価な遊びですね。 それにちょっとした刺激もある。
手元のチラシを見てたら面白いことに気付いた。

『雀港』のチラシより


電話番号(092)481-4181
セット料金一時間:1600円
フリー料金お一人: 600円


電話番号(097)534-4880
セット料金一時間:1400円
フリー料金お一人: 600円


電話番号(096)356-9667
セット料金一時間:1600円
フリー料金お一人: 500円

何が面白いかというと、どこの市外局番も「09」で始まっている!なんてことじゃない。
セット料金とフリー料金が微妙に違うのだ!
大分は福岡と比べるとセット料金が安いがフリー料金は同じで、熊本の場合はセット料金は福岡と同じでフリー料金は安い。 これは一体、どういうワケだろう?
いくつかの理由が考えられるが、アタキはこの真相を今の所、知らない。
来週までの問題にしておこう。 理由が分った方、想像がつく方は、下記のメールまで間違っても連絡はしないでほしい。 答えは自分の心だけにしまっておいてほしい。 では、また来週。しーゆーあげいん。
って言いながら今週になっちまったけど、ゼ~ンゼン反応がないので来年までオアズケ、ということにしよう。ガッハッハ。
あっ、それから、「その他の趣味」の「マジック」てぇーのは、「ギャザリング」じゃないの。 はい、手品/奇術/手妻のことだぎゃぁ。マジックザギャザリング誘われてもワカンねー!