麻雀打ちの頁/雀のお宿

管理人百貫雀の過去のつぶやきです。早くツモ切ってください。2004 年。

広告

過去のポツリ 2004 年

つぶやきログ

【2004.04.07】

何通かの数少ないメール、ありがとうございました。
アタキは極めて元気です。
新たなクラブを開拓するなんてことはもう半年以上やってないけど、卓の方は(限られたクラブでだけ)囲んでいます。
最近のオキニは、iPod です。大学生の頃のウォークマン以上に自分の人生を変えてしまいそうなアイテムで、困ってます。
これからも、よろしくです。

【2004.04.10】

久しぶりに[街荘]をアップしたら、何だかもぞもぞしてきて(笑)、続けてもう一本アップしたところ、急にニフティのことも書かねばと思い、連続アップとなった。
「F麻雀の思い出」は[放言]にしては、カタい文章になっちまったが、[創語]に入れるには真実ばっかだし、[街荘]にはバーチャル世界のことは書けないので、仕方なく[放言]だ。
なんだ、更新するのって、全然簡単じゃん(この「全然」の使用法は間違ってます(^_^;))。
次回の更新は軽~いタッチでセめたいと思ってるけど、実際にどうなるかは今のアタキにはわかりまっせん。 がははは。

【2004.04.29】

ふ~みゅ、[街荘]の「ある終焉の経緯」に敏感な反応をしてくれた4人が全員、雀荘のオーナーなのが面白い。
札幌、大阪、大牟田(福岡)、熊本。
今のアタキの夢は、この『お宿』に感想をくれる常連さんの働く雀荘ばかりを渡り歩く「日本全国雀荘巡り(ただし、お宿にいつも感想メールをくれる方が経営する雀荘ばっかに限定)ツアー」だ。
夢がかなったら、皆んな、場代を安くしてくれ~!

【2004.05.07】

ヘビスモなアタキは平均すると日に80本、多い日には 120本以上の煙草を吸い続けてきた。
囲んでいる面子の中にはアタキの捲き散らす毒に辟易されていた方も数多くいたと思う。 少し、反省もしている。
学生の頃は色んな銘柄を試していたが、約20年前からは「マイルドセブンセレクト」一本やりだった。
発売当時は他のセブンスターファミリーよりも少し価格が高目に設定されており、ラークほどではないけれど高級感があり、口当たりは軽いのにタール含有量は充分な、成り金になりきれていない中年男性好みの煙草というイメージがあって、同じセレクトを吸っている喫煙者は必ずアタキよりも年齢が上の先輩方だった。
自販機ではなかなか見かけることのない銘柄のせいで、アタキはいつも4カートン単位で買い置きしており、出かける際には何箱も持ち歩き、よく行く雀荘には自分で買ってプールしておいてもらっていた(クラブ側で買い置きしておいても結局は全部アタキが吸うことになる)。 社会人になって何度も住む場所が変わり、引っ越しの度に最初にやることの一つは、近所のタバコ屋さんに、セレクトの注文をしておくことだった。
アタキの人生にとって(それほどたいそうなモノでもないけど)セレクトは、大事なアイテムの一つだった。
このセレクトが、今年2月に販売終了になった。
アタキの22歳の誕生日に生まれたこの「マイルドセブンセレクト」が、たばこ工場で生産されることがなくなった。
方々に手を廻し、2月末日には20カートンの買い置きをしていたが、この黄金週間で最後の1カートンの封を開けた。
さぁ、どうする、これから、である。
いっそ禁煙(に挑戦)するか、セレクトに代わる別の銘柄を探す旅に出るか、シチュエーションによって色んな銘柄をチョイスしていくか、なんて選択肢だろう。 人によっては、再生産お願い運動を起こしたり、全国の小さなタバコ屋さんにまだ眠っているかも知れないセレクトを集めるだとかの方法もあるのかもしれない。
まだ、数日は持ちそうだ。 何日か後のアタキはどうなっているのか、何をしているのか、本当に生き続けているのか、今から楽しみだ。

【2004.06.01】

煙草の銘柄なんてドーデモイイってことはないのだけど、自販機の前で悩んでる自分がなんかカッコ悪くて、今の所、いきあたりばったり、手当たり次第に色んな煙りを吸ってる。
3つのクラブで「(銘柄を)何にしましたか」と聞かれて、自分がいかに口ウルサイ客であるかを思い知らされた最近でもある。
何か、ウザイ>自分。

【2004.06.26】

ある友人と25年振りに会った。
見た目、思ったほどオヤジっぽくはなく、アルコールが入るとスグにどちらも昔モードに入って気のおけない時間を過ごせて楽しかった。
そいつの耳にチラホラ入っていたアタキの消息は、かなりドラマチックで少しアブナイものだったが、よく聞くと実際とそんなにズレていないのがおかしかった。
「よう今まで、生きとったねえ(=よく今まで生きてこれたね)」
皆んなぁ、アタキは生きとるじぇ~(=生きているヨ)。
あの頃のまんま、イイカゲンで、その日暮らしで、テキトーな性格で、何とか、もっとるじぇ~。

【2004.07.15】

というわけで、ご覧のように、サイトデザインリニューアルなわけで、なーに、アップするネタにつまってきたので気分転換なわけで、今回は今までみたいに、スタイルシートをちょこちょこと変更しただけで、出来上がり、なんて事ぁ無理ななわけで、かなりシコシコとテキストエディタでもって頑張ったな、自分。
ま、たぶん、まともに表示できないページもあるだろなとは思いつつも、とりあえずアップして、反応を聞きながら細部の手直しを、と目論んでいるアタキだ。

【2004.10.06】

こんな体重、維持してたら、絶対、絶対、ダメでしょう。
体のあちこちが悲鳴を上げ、アタキの生活を不自由なものにしてしまっているわけで、とうとう、医者から入院生活を宣告されてしまった。
「おネゲーしますだ、入院だけは、ご勘弁を...」
「あなた、このままじゃ死にます。ご親族の方の連絡先も教えてください」
さすがに、このおどし文句は効いた。
最近、ずっと体調不良なのだが、麻雀やってる時にそんなことは感じないのになぁ。

【2004.12.02】

今年も残すところ後一月を切りましたが、更新されているかもしれない、なんて思っている何人かの淡い期待を裏切り続けている今日この頃のアタキですが、そのうち、どど~んと更新するかもしれないので、その淡い期待は持ち続けていてください。
今年は表家業での負けが込んだため(意味不明)、裏家業である麻雀になかなか精を出すことができずにいて、新規開拓したクラブが2軒だけという例年になく、トキメキの少ない一年だった。 新規開店しているクラブはいくつもあるのに、非常に寂しい。
だから何だというわけでもないが、こうして、人は老いていくものだろうか。 44歳にして惑いっぱなし。

【2004.12.08】

[辞林]の登録語数がついに800項目に到達しました。パチパチパチ(^_^)/
数カ月前から、800にはしたいなと思い続けていたので、何だか達成感があるです。
これも常日頃からこの『お宿』を応援していただいている皆さんのおかげではなく、アタキの精進のたまものだと思います。
この[辞林]に情報をくれた何人かの奇特な皆様には心から感謝を申し上げますが、それよりも何よりも自分は偉い、と思います。
細々とではありますがこうして長い期間をかけてこんなに多くの用語の説明をアップできたのも、『お宿』の更新を心待ちにしているという皆様からの熱い思いのこもったメールでのはげましと言うよりは、アタキ自身の頑張りに過ぎないでしょう。
これからもこの『お宿』をよろしくお願いします、と一応は言っておきますが、アタキが本当によろしくお願いしたいのはアタキ自身であります。
本当によろしくお願いします。→百貫雀様。

【2004.12.19】

左腕が上がらない。
元々、超ド級の肩凝り持ちのアタキだが、最近のは頭痛や吐き気を伴ったもので普段の生活は勿論、麻雀やっててもずっと痛みと戦闘中だ。
かなり困った事態なのだが、ここに来てフリー店での戦績がどこでも軒並み上がってきて、この現象はルールや一緒に囲むメンバーの質に関わらず自分でも非常に驚いている。
上がらない左腕や肩凝りのことは常に頭にあるので、このことと麻雀の成績とは(麻雀以外のどんなことでもだけど)絶対に切り離せることではなく、周りの連中は役満を和了っても連続トップを取ってもいつも仏頂面のアタキを怪訝そうに眺めており、悪いなぁとは思いつつも本当に痛くて痛くてタマランのじゃ。
マッサージも針も灸も電気治療も痛みが軽くなるのは一時だけで、ベッドマットや枕を変えたりしてもダメで、内臓疾患も特に見当たらない今のアタキはこれからもずっと勝ち続けるのかと思うと、いやぁ、すまんのぉ、がっはっはっ。