麻雀打ちの頁/雀のお宿

記憶の牌姿-10。闘牌記録、憶えておきたい牌姿、遭遇した役満や珍しい局面、街の雀荘で見かけた印象的な手牌や打ち廻し。自分のだけでなく、他人の手牌も勝手に記録してます。

広告

記憶の牌姿-10

2004.12.04 ~ 2005.11.15

【2004.12.04】司:百貫

 マンション営業マンの日高が親で四巡目にリーチした。
 タケちゃんとアタキは防戦するしかない。
 抜け番のヨッちゃんは、一目見て「嵌二索待ちだな」。
 当の日高が笑い、メンバーのマっちゃんも笑ったので、ズバリ正解かその周辺の待ちか。
 タケちゃんもアタキも么九牌を切り続けていたら、いつまで経っても日高はツモらずに、海底前まで来た。
 タケちゃんとアタキの河には么九牌だけが並んだ。
 このクラブの流しは、跳ね満の和了りとなるのだが、二人が成立するなんて珍しいことで、アタキはマっちゃんに聞いた。
「二人が振り切り成立したらどげんなるとぉ」
 マっちゃんは簡単に「当然、頭ハネで、この場合タケちゃんだけの和了り」。
 タケちゃんは捨て牌を完了し、残るはアタキの河底だけ。
 親への河底打ち込みは痛いが、点差を考えるとタケちゃんへ跳ね満をプレゼントするのも尚、痛い。
 目をつぶって一索を置くと、案の定、日高の「ロン!」。

一索一索二索二索六索七索八索赤三筒四筒五筒中中中 (抜き北北

 ドラは無かったけど、インパチは痛かった。
 タケちゃんはブーブー文句を言ったが、同卓で振り切りを成立されるなんて、プライドが許さないのだ。

【2005.06.18】司:百貫

 前日、大負けしたアタキは、この日も卓について最初の半荘でドボンし、その後も3着3着と続き、4半荘目でようやくプラスになったと思ったら、ここから怒濤の高い波動がアタキを訪れた。
 既に一人浮き状態の南入りで、面混三暗刻をリーチ一発でツモ和了って親番になり、3連荘した時点で他の三人の持ち点は、3000から6000という展開。四本場でアタキの配牌。

一索一索二索四索四索五索七索九索九索一萬赤五筒七筒南白 (ドラ六筒

 赤とドラを活かして進めるのが手筋なのだろうが、後のツモが凄かった。
 八索三索七索九索と続き、何を持ってきてもOKのメンチン一向聴になった途端に下家の、酔っぱらいジュンちゃんからリーチがかかった。
 ひと和了りで長男になるわけだから、脇も真剣だ。
 ドラを一枚切り、三元牌も抱えていず、一色手でもないことが明白なジュンちゃんの捨て牌をアタキは無視することに決めた。倍満を放銃してもアタキのトップは揺るぎないのだが、筒子の一気通貫を絡めてもせいぜいが跳ね満止まりの手だ。
 そして六索を引いて、打七索
 聴牌った。

一索一索二索三索四索四索五索六索七索八索九索九索九索

 普通に考えれば最終形なのだが、ここで赤五索を引いた。
 ジュンちゃんの捨て牌から読める両面形の本線二つの内の一つが、五八索であるし、どうせなら待ちが広いままよりも、欲しいのは一索なのだから、アタキは四索を放った。
 対面の高橋さんが、「ポン」
 打三索
 ジュンちゃんが「ロン」。赤三索単騎の七対子。
 見たくもなかったが、次の山の牌が一索で、アタキがツモ切りしてればジュンちゃんから九連宝灯を和了れていたわけで、ありゃりゃこりゃりゃな一手であった。ぐすん。

【2005.08.25】司:百貫

 南場二局で既にダントツだった。
 配牌で対子だった、ドラの四索が暗刻になった勢いにのって、清一色を目指していた。

二索三索三索四索四索四索六索七索八索八索九索白ポッチ (ドラ四索

 8巡目のこの牌姿で、アタキは既に發を2枚、河に捨てていた。
 次巡六索が重なったところで、下家の高橋さんから立直がかかった。 立直宣言牌が六索
 捨て牌は少し異様で、対子系の感じだ。
 アタキはポンした。倍満放銃してもまだトップだし、ドラはこっちのものなのでイケイケ状態なのだ。
 高橋さんのツモ切りが続く内に、アタキは發をまた持ってきたが、数巡後には以下の牌姿で聴牌した。

二索二索三索三索四索四索四索八索八索八索 ポン六索六索六索横 (ドラ四索

 立直の対応に困ってた風な、上家のRRちゃんが高橋さんの現物牌一索を放った。
 倍満の出和了りだが、二索も見えていないし、三索が、ドラ表示牌にめくれているだけだ。
 後ろで観戦していた松本さんが身を乗り出したが、知ったこっちゃない。
 次巡に、RRちゃんが、立直の捨て牌五索を頼りに二索を放った。
 うん、發を三枚も捨てての緑一色なんて初めてである。
 結果良ければすべて良し。がははは。

【2005.11.15】 H荘:百貫

 ヨワヨワのアタキはチョンボをした。
 ヨワヨワの度合いも、六連続4着(その内、三度がドボン)という記録的なものだったので、チョンボだって、並みのそれじゃない(笑)。

六索七索七索七索八索二筒二筒三筒赤三筒四筒七筒九筒九筒 (ドラ九筒

 こんな一向聴の時に他家から立直がかかり、一発目でツカんだのが四索で、どうにも具合が悪い。
 仕方なくドラを対子落とししている内に四筒が入り、また手がまとまりはじめた。
 七索は、早い時点で、立直者でない上家が捨てていたので、八索は、ほぼ安全牌であるが、これもまたツモってきた。

四索六索七索七索七索八索二筒二筒三筒赤三筒四筒四筒八索 (ドラ九筒

 アタキは四索に何かがくっつけば、追い掛け立直に出るつもりでいたのだが、そこにツカんだのが、絶好の五索で、八索を切って、「リーチ」と言ったとたんに気付いた。
 あがってるじゃん。(^_^;)
 この店は、振り聴立直は禁止なのである。
 一発で、九索をツモった段階で、チョンボであることを表明した。
「そんなチョンボ、初めて見た(オーナーのRRちゃん)」
「百貫さんも、Cクラスですね(八百屋のキー坊)」
 うるせー。アタキだって、こんなチョンボ、記憶に無いのだ。

広告