麻雀で使う専門用語の解説と能書きのあれこれ。フリー雀荘で使われる言葉を中心に、初心者は覚える必要のない多くの用語を集めて解説しています。麻雀打ちのための用語集「へ」ではじまる麻雀用語

「へ」ではじまる麻雀用語

この頁には、10 項目ある

べーす【ベース】 和了役や規則

連底のこと。
飜数による倍々計算を行う前の基準となる点数。

たまに副底のことをベースと呼ぶ奴がいるけど、それじゃ混乱しちまう。絶対にヤめてくれ。

ぺーちゃ【北家】 基本的な用語

東家
南家
西家

東家の上家の人。南家の対面の人。西家の下家の人。

西家と同様に、ダブ東やダブ南という役で和了る権利を有しない打ち手で、荒牌までにツモる牌の枚数が少ない人。
四人でやるサンマの場合には、抜け番の人。
ポンチイを多用して、親に有利な展開を作ることのできる立場の人。

ぺーにゅう【北入】 ゲームの進行

西入

東場、南場、西場の後に北場に突入すること。

べたおり【ベタオリ/ベタ降り】 戦術戦略理論

オリ

完全にオリに回ること。一切、勝負をしないこと。
ベタオンリとも。

ただの「オリ」じゃなく、「ベタ」なんだから、きっと、そこには鮮やかさや打廻しの妙なんてーのとは無関係なんだろうな。

べつたく【別卓】 雀荘システム

「ご新規の方は、お連れ様とは別卓でお願いします」
⇔ 同卓

別の卓。
ある二人が違う卓で麻雀することや、牌や卓の清掃を行う際に別の卓に移動する時などに使う。

へっど【ヘッド】 基本的な用語

「ドラがヘッド」

雀頭のこと。

ぺよんじゅん【北四巡】 人物/その他

(Taikouさん、情報ありがとネ)

韓流ブームの火付け役となった俳優。
(笑ってしまいました)

へんそくまち【変則待ち】 戦術戦略理論

二門以上あって、スジ以外の牌を和了り牌に含んだテンパイ形。

おお、なかなか明快な説明だと思っていたが、では国士の十三門はドーナンダ、とツッこまれちまった。チェッ。
これをしっかりと身に付けるには[電戯]の『何待ち?』が役に立つはず(宣伝モード)。

ぺんたー【ペンター/辺搭】 基本的な用語

カンター

辺張の搭子。
一筒二筒八萬九萬のこと。

ぺんちゃんつもはつきはじめ【辺張ツモはツキ始め】 諺や言い回し

なかなかツモれない辺張をツモるようなことから、ツキ始めることがよくある。