麻雀で使う専門用語の解説と能書きのあれこれ。フリー雀荘で使われる言葉を中心に、初心者は覚える必要のない多くの用語を集めて解説しています。麻雀打ちのための用語集「み」ではじまる麻雀用語

「み」ではじまる麻雀用語

この頁には、6 項目ある

みずのごとく【水の如く打て】 諺や言い回し

麻雀は水の如く打て。

みすぷりんと【ミスプリント】 グッズの呼称

印刷ミス
印刷もれ

白のこと。
たんに「ミスプリ」とも。

みせはい【見せ牌】 グッズの呼称

手牌の一部で、倒れて(もしくは倒して)第三者に見えてしまった牌。

故意であれ過失であれ、見せ牌は不利に働くのが通常なのでこれに罰則を設けてあるのは以前から納得いかんかった。
マナーとして牌を倒したことに対する罰則ならわからないこともないケド、何故、現物牌やその近辺ではロンできないんだろ?
じゃんじゃん見せて貰いたいと思ってるのはアタキだけ?

みにさんげん【ミニ三元】 テクニック類

捨て牌で、白中發が二枚ずつ揃った状態。

みのほどをしれうーしゃんてん【身の程を知れ、五向聴】 諺や言い回し

配牌時に五向聴では、全然、勝負できねえよ。

みんしゅん【明順】 基本的な用語

(タカユウさん、情報ありがとネ)
⇔ 暗順

チイした面子。