麻雀打ちの頁/雀のお宿

小さな雀荘で働くメンバーの目に映るある一日の風景。店に入り清掃、牌磨き、備品チェックから卓を立て、フロアー業務をこなし、代走に入り、夜は深まってゆく…。

公開

広告

メンバー独りで

街なかの小さなクラブにいるメンバーの視点

店に着く。
鍵を開ける。
薄暗い部屋。湿った空気。
カーテンを開き、窓を開ける。換気扇を廻す。
有線放送のスイッチを入れる。
奥のゴミ箱からゴミを集め、袋に入れる。
誰かが空き缶を一緒にしている。それを別にしてゴミ袋を外に出す。
使用済みのおしぼりのバケツを裏のドアの方の勝手口に出す。
新しいおしぼりを専用ポットと冷蔵庫にそれぞれ入れる。
店内を軽く掃除。
奥のセット卓の方で、鉛筆が落ちてた。
洗面所に入って用をたす。洗浄液を撒いておく。
トイレットペーパー、OK。使い捨て歯ブラシ、OK。芳香剤、少なめ。
待ち席の雑誌を並べる。昨日の新聞をたたんで片付ける。
椅子とサイドテーブルの吹上げ。一緒に灰皿をチェック。一仕事。

今朝まで使っていた卓の牌を磨く。
座るのはカウンタを背にした席。定位置。
一旦、牌を流し込む。
セットされて上がってきた牌山を引き寄せる。
自山、下家、上家、対面の順。
下家と上家の山を引き寄せる時にはシフトさせて、対面の山は少し浮かせてサッと持ってくる。
湿ったおしぼりと乾いたタオルの二枚を使う。
裏側を拭いたら向こう側から順に牌を立てていく。
ゲタは使わないので、立てた牌を手前に全部寄せるのに気を使う。
立てた牌の上部、横に寝せて上部、もう一度立てて反対側、寝せて四番目の側面。
横になった牌を立てる時の手の動きが気持ちイイ。
右手の人さし指と中指、左手の親指、それぞれの指の腹の部分だけの感触でサササッと立てる。
最後にもう一度立てて向こう側に倒す。
表面は少し力を強めに入れて拭く。
一セット完了。
牌を流し込み、もう一セット分を同じように拭く。
二セット目が終わったらゲタにすくう。
流し込みの準備ボタンを押す。中央部が持ち上がったら卓盤を開ける。
ドラムの表面を拭く。
ベルトを空回りさせながら古いタオルをあてがう。
強くあてすぎると摩擦で熱くなってくるので注意。
盤を下ろしてセットされたばかりの牌をもう一度流し込む。
ゲタに取っておいた方の牌を手前に置く。
東南西北と赤ドラと白ポッチだけを表向ける。
点棒を確認。

常連の一人が顔を出す。
パチンコしてるから誰か来たら声かけて。
声をかけなくてもスグに戻ってくるのはいつものこと。
電話がかかる。マスターから。
トイレの芳香剤とカップ麺が少ないみたいです。
両替え分もありません。
報告はこれだけ。
卓が立つまでしばらくは時間がありそう。
一番大きなグラスにコーラを入れ、レモンの輪切りを添える。
アイスクリームが残ってるので自分のためにコーラフロート。
買ってきた雑誌の頁をめくる。面白くない。
昨日のトップ者の名前に目を通す。
もう一度、雑誌を開く。
おしぼりポットのスイッチを入れる。

いらっしゃいませ。スグに立てます。
三人分のおしぼりセットとコースターを用意。
たばこ、大丈夫ですかぁ。
よろしくお願いしまーす。
スグにもう一人の客が入って来た。
ナイスタイミング、ただ今、始まり、南家スタート、ドラは三索です。
ウーロン茶、アメブラ、アリアリ、あつ茶、四人分用意。
売り上げ表に開始時刻を記入。
長い一日が始まった。

いらっしゃいませ、いらっしゃいませ。
今日の巨人の先発は誰。
昨日の**ちゃんの国士は早かったねー。
いらっしゃいませ、お早うございまーす。
奥へどうぞ。いつものようにお食事取りますか。
貴重品はお預かりします。
すみません、マイルドセレクト切らしてるんですよ。
いらっしゃいませ。
こっちも立てましょうか、いいですか。
マスターが出勤。
おれが入るからイイよ。
はいもしもし、こちら東南荘です、毎度ありがとうございます。
両手で大きくバツ印を作っている常連。
いえ、本日はお見えになっていませんが。居留守。
アツシボ、ポン。
パンと袋を破って渡す。
空のコップを引く。
はい、それはカンチャンに取れますから、1300/2600ですね。
いらっしゃいませ。
マスターがもう飛びそうですから、スグに入れますよ。
聞こえてるぞ。
笑い声。
マスターの後に座るとツカないんだよね。
いらっしゃいませ、四人様ですか、こちらへどうぞ。

ちょっと一息。
流しで煙草に火をつける。
一番近くの客の手をじっと見つめる。
下手なのだけど、見てても飽きない。
こうしてどれくらいの客の手を覗いてきただろう。
少ししかたまってない洗い物を片付ける。
また、じっと客の手を見つめる。
ピ~ンチィ、トイレ代走。
あ、自分でやってりゃチャンタ狙いの手だけど無視。
安全牌を残してタンヤオ気味に進める。
はい、親からリーチがかかってます。
いっちゃってよ、そのまま。
そんな風に言われても自分では絶対にいかない。
勝負なら戻ってください。
注文した出前が届く。
そのまま、奥の卓へお願い。
新しいおしぼりとウーロン茶を用意。
料金を支払い、セット伝票へ記入。
ラストーッ。
卓へ寄って、牌を流し込む。
精算は済みましたか。点棒を揃えるのを手伝う。
ありがとうございました。

ありがとうございました。
いらっしゃいませ、お久しぶりです。
ありがとうございました。
いらっしゃいませ。

胃薬、持って来て。
胃薬以外にも頭痛薬と下痢止め、軟膏が常備してある。
ラク牌。
ツメシボ。
タバコ。
ピンチ。
マンリョー。
ゴバラー。

マスターは夜の街に繰り出した。
いってらっしゃい。
たぶん、今晩はもう戻ってこない。

お寿司のご注文、ごついでありませんか。
ラストオーダーです。
十時四十分。
表の看板の電気を消す。
カーテンを閉める。
トイレの小窓にも木枠をはめて外に灯りが漏れないように。
朝まで、あと八時間。
あっちの卓で本走に入れるとラッキーかな。
あのオヤジ、今度もトップだと三連勝だ。
対面、マンリョウが続いてる。
電話がかかってくる。
取らずにいると一旦切れて、またかかってくる。
ツーコールで受話器を上げる。
ええ、大丈夫ですよ、二卓立ってますから。

おーい、こっち、チェックお願いー。
奥のセット卓が終了した。
伝票に合計を記入して、おしぼりと一緒に渡す。
このグループは、いつもここからが長い。
いつも仲間内の精算に手間取っている。
ありがとうございました。
カーテンをきちんと閉めて、後片付け。
灰皿、サイドテーブル、椅子。
牌を磨こうとしたら、さっきの電話の客が入ってくる。
たぶん、勝っている筈の客が声をかける。
ラス半だから、スグにできるよ。
でも、半荘は始まったばかり。
マスターはどうしたの。
別に何の用事があるわけでもないことは明らか。
ええ、ちょっと。
観戦し始めたので、奥の卓に戻って、整頓の続き。
何も考えない。手だけが勝手に動いていく。

もう一卓あったセットも終了し、フリーが一卓だけになった。
カップラーメンを鍋にあけて、卵を二個と味付け海苔を二袋。自分のためのスペシャル。
ソファーに座って新聞を広げて腹ごしらえ。
旨そうなニオイやね。
ちっ、注文。麺がのびちまう。
他はよろしいですか。
別の客がコーヒーと煙草。
イイ感じ。たぶん、以降はゆっくりデキル筈。

半荘が終了する度に灰皿と飲み物の確認。
この四人は朝まで続きそうだ。
ソファーで少し、うとうとするが、声がかかればスグに応える。
眠っているのか起きているのか自分でもよくわからない。

本走の出番が無いのは少しだけ寂しい。
だけど今日は疲れてるので、ほっとしたい気分でもある。
夜明けは近い。